分類 いたずら改造開始 横河 2656型 圧力発生器を 真空発生用に改造


 純正は200kPa用 これを 0〜−100kPa用に改造


 
改造したら −95kPaまでスムーズに動作。

    改造(改悪)
 @ サーボユニット ニードルの微妙な漏れが真空到達度に大きな影響を与えるので
             ラッピングを行う。

 A サーボユニットがリミットを打つと全てがリセットされる、これを嫌って制御基板を製作

 B 改造前には出力ラインにレギュレーターらしき物が入ってたが邪魔、躊躇せずボリュームタンクごと外す

 C フロントのダイヤルガ全て0の時、完全大気開放にする必要がある
             各ロータリースイッチの0位置信号取り出しをロジック回路で組む
             その信号で電磁弁により強制大気開放。


 FIG−1

 これは改造後のサーボ廻り

 制御ユニットはサーボの下に有る

 純正は、リミットの接点がHL共通なので
 これを別々に信号出力

 その為にコネクターを交換し制御基板まで出力


 高真空において
 漏れが最小で
 モーターが過負荷にならないような
 ニードルの位置調整に多くの時間が必要だった
FIG-1
 FIG−2

 真空ポンプの電源用ジャックを背面に増設し
 SSRで本体から制御

 するつもり。



 組み込んだら

 出力ボタン・・・・・・・ONで 真空ポンプが起動
FIG-2
 FIG−3

 完成・・・・したぞ

 顔は何も変化無し

 YES! 改造でもしとけば良かった



 改造してみて

 動作が緩慢
 純正のモーター制御では速度が遅い
 
 フラッパー式に改造したいが
 高真空での制御が非常に難しくなる

 低真空と高真空
 それぞれの制御ユニットを搭載し無ければならんかも
FIG−3
 FIG−4

 制御モーター用 簡単インターフェース
FIG−4

 FIG−5

 ダイヤルの位置情報送出基板を取付
FIG−5
 FIG−5

 ダイヤル裏側の位置検出ケーブル配線

 いつも通り汚い
 FIG−5
 FIG−6

 基板を横から

 スペース開いてるかな?
 FIG−6
 FIG−7
 FIG−7

 このような改造をすると、修理や校正点検時にメーカーサービスが絶対受けられません。

本ホームページのデータや価格などは手打ちの為、読取ミスやタイプミスが生じた場合はご容赦下さい